東大生が教える 誰でも“論理的に”幸せになる方法

【2018/6/12 更新:再開に向けて努力中です!】職場、友人、日常生活、恋愛などなど世の中には上手くいかないことが溢れかえっています。これらに“論理的に”立ち向かって、幸せを掴むためのブログです。

プライドを休ませれば幸せをわけてもらえる ー人と上手く接する方法ー

プライドはどんな人にも標準装備されている、不思議なアイテムです。

 

そのパラメータが高すぎると、ほかの人と衝突したり、思いがけないところで足元をすくわれたりします。

 

逆に低すぎると、自信がなくなり、負のオーラをはなってしまったり、自分というものを見失ってしまったりします。

 

対人関係においてプライドは、表には出てこないけれども、実はとても重要な要素なのです。

 

そしてこのプライドというアイテムをうまく操ることで、あなたは周囲の人から幸せをわけてもらえることができます。

 

 

どういうことなのでしょうか。

 

たとえば、あなたの友達が、昨日テレビでやっていた雑学を、嬉しそうに教えてくれたとします。

 

ここではほかの記事でも取り上げた、コンコルド効果を例に挙げてみたいと思います。(どこかの記事に詳しく解説してありますので、ぜひ探してみてくださいね)

 

友人が

 

「ねえねえ、コンコルド効果って知ってる?」

 

と目を輝かせて話しかけてきたとしましょう。

 

でも、あなたはすでに「コンコルド効果」がどんなものであるか知っているとしましょう。

 

あなたは次に挙げる二つの対応のうち、どちらがいいと思いますか。

 

 

その1

 

「知ってるよ!超音速旅客機コンコルドに関連したサンクコストの話でしょ!」

 

 

その2

 

「知らない!どんな効果なの?」

 

 

ふたつめですよね。

 

ひとつめで返すと、友人はせっかく話したいのに、その機会が奪われてしまいます。

 

そうすると友人は黙るしかなくなり、挙句には不満も溜まり、あなたもいい気分がしなくなるでしょう。

 

逆にふたつめなら、相手は自分の知識を見せたいという欲求を満たすことができ、その喜びがあなたにも伝わります。

 

 

でも実際は、ひとつめの対応を取ってしまう人が多いのです。

 

 

その原因は単純です。

 

プライド

 

この一言に尽きるでしょう。

 

自分だって知識を持っている、相手よりも詳しい、無意識のうちにプライドが邪魔をして、相手と張り合ってしまうのです。

 

張り合ってもいいことはありません。関係がギスギスするだけなのです。

 

 

では、そのプライドを休ませてあげればどうでしょうか。

 

相手と張り合うことをやめて、笑顔で相手の話を聞いてあげてみてください。

 

どうでしょう、相手はきっと嬉しい気持ちになり、あなたのファンとなってくれることでしょう。

 

 

もう一歩、考えてみましょう。

 

あなたが張り合うことで満たされるものと、あなたにファンができることで満たされるもの、どちらがより幸せをもたらしてくれるのでしょうか。

 

明らかですよね。

 

 

プライドは確かに大切なものです。

 

大切なものだからこそ、うまくプライドを休ませてあげれば、より幸せに近づくことができるのです。