東大生が教える 誰でも“論理的に”幸せになる方法

【2018/6/12 更新:再開に向けて努力中です!】職場、友人、日常生活、恋愛などなど世の中には上手くいかないことが溢れかえっています。これらに“論理的に”立ち向かって、幸せを掴むためのブログです。

カウントアップの極意 ー達成感をカンタンに得る方法ー

カウントアップという言葉をご存知でしょうか?

 

カウントアップとは、カウントダウンの逆、つまり4、5、6と数字が増えていく数の数え方のことです。

 

実はこのカウントアップ、幸せを掴むために、とても重要なのです。

 

それはなぜなのか、よく陥りやすい状況と比較しながら説明したいと思います。

 

 

よく陥りやすい状況というのは、設定した目標に対してカウントダウン方式で取り組んでしまう状況です。

 

どういうことなのか、もう少し具体的に説明をしましょう。

 

例えば、ダイエットとして腕立て伏せをするとしましょう。

 

そのときに、1日10回を目標とします。

 

 

さて、あなたはこのときにどうやってやった回数を数えるのでしょうか。

 

多くの人がやってしまいがちなのが、10、9、8、とあと何回で目標を達成できるか、ということです。

これは言い換えれば、あとどれだけで自分に課した苦行から逃れられるか、ということを考えていることにほかなりません。

 

でも、苦しいことから逃れたいというのは、ネガティヴな感情ですよね。

 

ネガティヴな感情からは、ネガティヴな思考しか生まれません。

 

せっかく自分で目標を立てたのに、それをこなすという目的になってしまうと、こなすことばかりに意識が向かってしまいます

 

こなすことばかりに意識がいってしまうと、次に取り組むときに嫌な気持ちになってしまいますよね。人間は誰だって辛いことからは逃げたいのです。

 

 

そこで重要なのが、このカウントアップ方式です。

 

1、2、3、とやった回数を積み重ねていくのです。

 

そうすると、自分の積み重ねていった結果、すなわち自分の努力に意識がいくようになります。

 

自分の努力に意識がいくということは、それだけ自分の努力を認めてあげることができるということです。

 

自分の努力を認めてあげれば、思考が前向きになります。

 

自分はこれだけできる!あと1回で目標を達成できる!

 

こう思うだけで、感情はカウントダウンのときと大違いですよね。

 

前向きな感情は、無意識のうちに明るい現実を引き寄せます。

 

 

この方法は、仕事、家事、勉強、恋愛などいろいろな場面に応用することができます。

 

もしもあなたが努力しているのに、なかなか幸せになることができないと感じるなら、カウントダウン方式を無意識のうちに採用してしまっているのかもしれません。

 

少しのアイディアで、同じ努力でも、そこから得られる結果は全然変わってくるのです。

 

あなたの努力する才能を、是非もっと発揮してください!