東大生が教える 誰でも“論理的に”幸せになる方法

【2018/6/12 更新:再開に向けて努力中です!】職場、友人、日常生活、恋愛などなど世の中には上手くいかないことが溢れかえっています。これらに“論理的に”立ち向かって、幸せを掴むためのブログです。

言葉に出して褒めれば世界が変わる ー自分を称賛することー

よく褒められて育った子どもは、それだけ自己肯定感が高く、自信に溢れた立派な子どもになる、ということは有名だと思います。

 

でも、大人になってからはどうでしょうか。

 

上司、先輩、親戚と、色々な立場が上の人からかけられる言葉は厳しいものばかり。自分に対しても、どうしてこれができなかったんだろう、と思いつめてばかりではないでしょうか。

 

それでは、せっかく素晴らしいことをしても、それに目がいきません。

 

それどころか、どんどん自己肯定感を無意味に下げて、自己否定に走ってしまいます。

 

忘れがちなのは、大人も褒められれば、それだけ自己肯定感が高くなり、自信を持って生活できるようになるのです。

 

自分に自信がある人は、周囲に人を惹きつけます

 

逆に自信がない人は、どんどん人を遠ざけてしまいます

 

胸を張って堂々と歩いている人と、俯いて背中を歩いて歩いている人、どちらが話しかけやすいかを考えれば、明らかですね。

 

ですから、大人になってからも褒めてもらうことで、自分の価値を高めていくことができるのです。

 

では、あなたにとって、褒めてくれる一番身近な存在は誰なのでしょうか。

 

親友、同僚、家族、いろいろ思いつきますよね。

 

でも、あなたにとって一番身近なのは、あなた自身なのです。

 

あなた自身があなたを褒めてあげることができれば、それだけあなたの自己肯定感が高まります。

さらに、褒めるという行為は、誰かを尊重して認めることですから、褒める側もポジティブな感情を持つのです。

 

一石二鳥ですよね。

 

 

褒めるためにどうすればいいのか。

 

答えは簡単です。朝、起きたらその日にやることを宣言してみてください。

 

ここで大事なのは、なるべく具体的にやることを宣言することです。

 

「新聞をしっかり読む」「三食食べる」「本を一冊読む」など、どんなことでもいいのです。特に始めたばかりの頃は、なるべく簡単なもののほうがいいかもしれませんね。

 

することを決めたなら、それを口に出して楽しく宣言してみましょう。

 

実際に音にすることで、発話、それを耳に入れるという過程を経ることができます。これによって、より一層意識することができるのです。

 

 

そして一日の終わりに、お布団の上で振り返ってみましょう。

 

宣言したことはできたでしょうか?

 

もしできなかったとしても、落ち込むことはないのです。その反省を翌日に活かせれば、その失敗以上のものを手に入れることができます。

 

できたのならば、それはどんなに簡単であっても素晴らしいことです。

 

自分で決めたことをしっかりやる。当たり前に見えて、とても難しいことです。

 

素晴らしいことができたのですから、口に出して「すごい!」「さすが私!」「やればできる子!」と言ってみましょう。なるべく大きな声で、恥ずかしがらなくていいんですよ。事実なのですから。

 

自分を認めてあげることで、少なからずわくわく感が生まれてくると思います。このわくわく感が、自己肯定感を高めることへと繋がっていくのです。